"金"価格が大幅に下落(なぜ?)短くまとめて解説

指標となるNY金先物価格は、

2月24日の1オンス=1,691.70ドルをピークに、

28日の欧州タイムには1,630ドル水準まで急落しています。

 

一般的に金は安全な資産と言われており、

株価ぎ急落した時に買われることになります。

 

ではなぜ急落しているのでしょうか。

僕の予想では世界の投資家たちはコロナウイルスによる、

コロナショックという名の株価の下落に油断していたのでしょう。

そのため売る売れず下がった株価を買うために、

金を売ってキャッシュを確保したかったのだと思う。

そのキャッシュで株価が下がったところで一気に買う。

このようなことが起こっているのではないかと思う。

コロナショックは世界の投資家が予想するよりも異常な事態を引き起こしているのだろう。

今後も感染者は増えます。

アメリカ、イタリア、スペイン、アジアを問わずヨーロッパにも拡散されている。

アメリカでは死者も確認されてさらに感染者も増えている。

スペインでは数十人の感性が確認されている。

今後も予期せぬ事が起こるだろう。