今後VISAは生き残れるのか。(Facebookリブラにも注目)

 

 

VISAは現在世界でトップクラスのクレジットカードブランドです。

 

コロナショックで株価は大きく下落しましたが、今週は上り調子です。

 

今はクレジットカード界を牽引していますが、

 

最近のキャッシュレス決済はVISAを脅かす存在になるのか。

 

僕なりに予想しましす。

 

まずはVISAはキャッシュレスアプリのPayPayやLINE Pay、メルペイ などにポジションを奪われてしまうのか。

 

ということですが、僕は絶対に無いと思います。

 

理由は2つあります。

 

①還元キャンペーンが終了してしまうから。

 

キャッシュレスの還元キャンペーンは2020年6月に終了してしまうからです。

これが原因でキャッシュレスアプリを使う人は少なくなると思います。

もちろん使い続ける人もいるとは思いますが、

キャンペーンや企画などだけで十分などと思う人は少なく無いと思います。

そもそもキャッシュレスかを政府が進めてはいるものの未だに使っている人は50%以下との情報もあります。

その点から今後はキャンペーンも終わりますし、使用率の増加は予想できないです。

 

②VISAでないと補えないものがあるから

VISAは世界共通の支払い方法と言っても過言では無いと思います。

海外旅行などに行った時は現金に換金せずにVISA払いをすると便利です。

また、賃貸の家賃や光熱費などの支払いはクレジットカード払いが今は優先的です。

そう考えるとこの先も需要は伸び続けると予想します。

 

 

しかしここで不安な点もあります。

それはFacebookの新しい通貨:リブラです。

リブラはアメリカ政府にも恐れられている通貨です。

リブラについては明日、解説します。

インスタでも解説してます。

https://www.instagram.com/p/B9TnOdhnpNv/?igshid=vpe1rb269pcr