東京オリンピック中止説はただ事ではない理由

コロナウイルスの影響で2020年の東京オリンピックが中止になるかもしれないと噂され始めた。

 

現段階では専門家半々だと述べている。また、無観客試合で開催するとも言われている。

 

しかし選手からしてみれば無観客で開催されても、死ぬ気で努力してきた4年間は何だったのか。

 

となってしまう。あるいは、ウイルスが蔓延している中で日本に入国するのも、嫌がるだろう。

 

気温が高くなるにつれて、感染者は減ると言われているが、そうとは限らない。

 

現にシンガポールや、マレーシア、タイなど気温の高い東南アジアでも感染者が増え続けている。

 

現在学生の自宅待機が政府から発表されていますが、今後学校が再開されます。

 

そうなると、学生の間で感染拡大が始まり、感染者は増え続けるでしょう。

 

今後ウイルスの薬が開発されない限り、政府が学校の新学期開始を遅らしたり、

外国からの入国規制を益々強化しオリンピックどころではなくなります。

 

さらに、東京オリンピックで多くの観光客が来日すると見込んで、事業を計画していた会社、人。

 

例えば、東京のタワーマンション、超高層階ホテル、などの不動産投資をしていた人は今かなり焦っているだろう。

 

個人投資家も忘れてはいけない。ここの会社がオリンピックで伸びると予想し投資していた人もだ。

 

今年の東京オリンピックは選手だけではない、かなり多くの人が関わっています。

 

一年前に誰がこのような事態を予想したでしょう。

 

日本政府も東京でオリンピック開催が決定された時からかなりの時間とお金をかけて、

準備してきましたが、もし中止になれば、経済的損失は計り知れません。

 

どうなるのでしょうか。