コロナウイルスが来年も流行する理由

現在コロナウイルスが世界で流行していることは誰もが知っていることだ。


題名でもある通りコロナウイルスは来年も確実に感染者は出てくる。


それはなぜか。


なぜなら、現在日本は冬で空気もとても乾燥している。


よって、感染が広がる。


しかし、日本が夏になると感染は落ち着くだろう。


そうなると、今現在夏の国は日本が夏の間は冬になる。


その国では今の日本のように感染が広がる。


その後日本が冬を迎えるとその国の感染者が日本や中国など様々な国に渡航すると、


今のように再び悲劇が起こる。


しかし、対策はある。

 

 

まずは渡航禁止。


これは現在どこの国も行っていることだ。


そもそも、初めからこれをしていればここまで感染は拡大してはいない。


このまま渡航禁止が続くと経済の停滞はいつまで経っても改善しないだろう。


よって、この状況はいつかは解除される。


そうなると再び感染は拡大する。

 

 

 

二つ目はワクチンの開発。


これは一番早い解決方法だ。


しかし世界が全力で研究をしている中、未だ開発されていない現状。


これはかなり深刻だ。

 

さらに今後様々な解決策が発案されるだろう。


しかし私たちは見えない敵と戦っているため解決はかなり難しいだろう。

 

 

 

 

最近になって、かなり心配なニュースも発表された。


アフリカでも感染が拡大していることだ。


アフリカは先進国よりも情報が出回りにくい。


なぜならインターネットが発達していないからだ。


よって予防の方法やどのように感染拡大するのかが分からないからだ。


さらに医療機関が先進国よりも整っていない。


感染したとしても治療ができないという状況になってしまう。

 

アフリカで感染が拡大しているということは気温が高くても感染するということだ。


日本でも数ヶ月後は夏になり気温も上がる。


しかし油断は出来ない。


今後も情報収集は徹底した方が良さそうだ。