人生で初めて米国株に投資してみた。(ETF)

僕は今現在学生です。

 

2020年1月から積み立て投資を始めたかなりの投資初心者です。

 

積み立て投資の内容は月33333円をNISAで運用しています。

 

さらに別で10000円を積み立て運用に回しています。

 

 

さて本題に入ります。

 

題名の通り、先日コロナウイルスの影響で、円高が発生。

 

そこで僕は、チャンスと思い、円をドルにしました。

 

その額50000円です。

 

学生にしてはかなりの大金です。

 

最近の為替相場だと滅多にないことなので、思い切りました。

 

1ドル104円で買いました。

 

かなりお得だと思います。

 

そこで、試しに株を買ってみようと思ったのです。

 

かなり不安定な今この時期になぜそのようなことを思ったのかは自分でもわかりません。

 

しかし少額を買ってみようと思ったのです。

 

個別株は今はやめとこうと思い、ETFにしていようと思いました。

 

ETFとは簡単に言うと投資信託が上場したものです。

 

僕は色々調べて、SPYDというETFに投資してみようと思ったのです。

 

手数料も安くて、投資している銘柄も不動産と公共事業と今後アメリカで伸びそうだなと感じたからです。

 

どのくらい購入したかというと3株です。

 

そんだけかよ…

 

と思われる方も多いとは思いますが僕の運用方針は長期運用型なので、

 

今回買った株は売らずにどんどん積み立てて行こうかなと思います。

 

僕の感覚として、銀行に預けていてもお金は増えないですけど、

 

それを長期を前提とした運用に回すことによって、

かなりいい方向に向かうと思っています。

 

もちろんリスクもありますが長期運用していたらいつかは上がるだろうという、

 

気楽な感じで捉えています。

 

人は今すぐお金が欲しいと思いがちです。

 

しかしその心理だと人間の悪い欲が出てしまい負ける可能性が高くなると僕わ思います。

 

バフェットも言っていましたが、株を買うなら30年は売らない覚悟で買えと。

 

僕はこの言葉に従って運用を続けます。

 

今後はマイクロソフトやコカコーラなど色々研究を重ねて分散投資を目指していきます。

 

ETFにも積極的に投資をしていきたいと考えています。

 

候補としてはVYMです。

 

SPYDと組み合わせるとかなり相性がいいと聞いたのでさらに調べる予定です。

 

 

20歳からの投資の勉強、さらに経済の勉強、

 

それで学んだことをブログやInstagram

 

Twitter Facebookで発信していきます。