現金給付は意味のある政策なのか(コロナウイルスの対応)

今回は現在政府が検討している現金を国民に給付しようとしていることについて考える。


まずはじめになぜ政府は国民に対してお金を配ろうとしているのか。


いや、世界が行おうとしている。


そしてもう決定している国もある。


しかし日本はまたしても行動が遅い。


お金を配ろうとしている理由は、一言で言うと経済が回らないからだ。


コロナウイルスの影響で経済はかなりのダメージを受けている。


航空、鉄道、飲食、様々な人がかないと成り立たない業種の会社は倒産してもおかしくない状況だ。


そして、政府は国民に対して、できるだけ外出は控えるように注意を促している。


こうなってくると、ますます人はお店に行かなくなり、企業は倒産まっしぐらだ。


そして今後予想される不景気に備えて人はお金を使わなくなる。


リストラされる人も出てくる。


そして、収入がなくなる。


お金を使わなくなる。


経済が回らなくなる。


これらを理由に国は現金を給付する政策を取ろうとしているのだ。


あなたたちにお金あげるから、お金を使って経済を回してね!

 

ということだ。


それで、消費税もついでに国に入るからwinwinだよね!


ということを政府は望んでいる。

 


しかしこれらの仕組みを理解している国民は全体の何割だろう。


理解していない人はおそらく、貯金に回したり、何も関係のないことに浸かったりするのだろう。


例えば、パチンコなどの賭け事。

 

 

 


そしてこの給付される人も限定されてくると僕は予想する。

 


例えば、10万円支給されるとする。


しかし、年収1000万の人には果たして支給してくれるのだろうか。


それは絶対になさそうだ。


なぜなら、支給されなくても生活できるからだ。


このような人は今回の騒動でも慌てずに対応できているはずだ。


例えば、誤った情報に惑わされず、トイレットペーパーなどの爆買いはしていない人だ。

 

 


反対を考えてみると、年収200万以下の人は誤った情報に踊らされ、爆買いをしてしまっているだろう。


つまり何が言いたいかというと、世間一般的に裕福でない人は、お金を支給されても、意味がないということだ。


貧乏な人がいくら100万円をもらったとしても、そのお金を増やすことはできない。


しかし裕福な人が100万円を支給されると、お金の増やし方を知っているため、


自然に増えるのだ。


今、国がしようとしていることは、貧乏な人にお金を配り

 

裕福な人は自力で何とかがんばりなさい。


というようなことをしようとしている。


こうなると、国が思っているようには行かない。

 

では、どうすればいいのか。


国は現在、この事に気が付いている。


よって、現金ではなく食品券などを配ろうと模索している。

 

僕はこの政策はいいと思う。


なぜなら使わざる得ないからだ。


使ってこそはじめて経済が回る。


そもそも支給されない場合もあるにもかかわらず、文句は言えない。


もらえたら、ラッキーくらいに考えておいた方が良さそうだ。