現金10万円給付が今後もたらすこと。

国民は国に現金給付ばかりを求めている。

 

しかし、それは今しか考えていない。

 

なぜかと言うと、国は10万円配るためにお札を擦りまくっています。

 

そうなるとどうなるのか。

 

日本に円が溢れます。

 

そうなると円の価値は下がり、

 

今10万円の価値なのに将来は今の10万円の価値ではないかも知れなくなる。

 

なぜか。

 

例えば、砂漠に500mlの水が1本あったとする。

 

その水の価値は1億円ほどの価値がある。

 

なぜなら、砂漠では雨も降らないし、コンビニもない。

 

しかし、砂漠にコンビニがいくつもあって、水がコンビニで

 

たくさん売られてあったならば、

 

水の価値はかなり下がる。

 

なぜなら、店がたくさんあるため価格競争が起こるからだ。

 

今の日本も同じで、現金がたくさん作られていると言うことは、

 

世の中にお金がたくさん出回ると言うことだ。

 

となると、今の1万円の価値は将来今の1万円の価値では絶対にない。

 

ではどうすればいいのか。

 

今自分の持っている円を何かしらのものしか得ておく必要がある。

 

例えばドル、ユーロ、香港ドル、金、株、などたくさんある。

 

現に、世界では金の値段がかなり上昇している。

 

対して、原油の値段が先日マイナスを記録した。

 

原油の値段が下がったのは単に売りたい人が急増したからだ。

 

なぜ売りたい人が急増したのか。

 

それは、コロナウイルスの影響で原油の需要が下がったからだ。

 

そして、サウジアラビアやロシア、アメリカの原油生産国が、

 

原油の増産を発表したのも大きな原因だ。

 

 

原油でも現金でもそうだが、

 

市場に、多く出回りすぎると、

 

そのものの価値は下がる。

 

それをよく考えて行動しないからには、将来日本は大変なことになる。

 

ただでさえ、失業者が増加しているにもかかわらず、

 

今後より増してくるだろう。

 

どうなってしまうのか。