大学生は今がチャンス。バイトがないからこそスキルを身につける。

現在コロナウイルスの影響で大学生がアルバイトをできない状況にあると、

 

話題になっています。

 

しかし、これは一見ピンチのように見えますが、

 

チャンスとも捉えることができます。

 

なぜなら新しいことを始められるからです。

 

実際僕は今大学生ですが、アルバイトと動画制作、ブログの運営をしています。

 

アルバイトで月5万円。

 

動画制作で月5万円。

 

ブログは趣味程度なので収入はありません。

 

僕のバイト先はスーパーマーケットなので休業にはなっておりませんが、

 

いつ休業になってもいいようにインターネットで収入を得られるようにしています。

 

しかし多くの学生はバイトさきが休業になった、

 

と、文句を言うだけでなにも行動していないのが現状です。

 

この時期だからこそオンラインでの仕事が必要とされているのに、

 

なぜ考えようとしないのだろうか。

 

しかもアルバイトはほぼどこの店も時給換算。

 

しかしオンラインでの仕事は時給ではない。

 

と言うことは、いくらでも伸び代があると言うことです。

 

初心者の方でも一ヶ月あればスキルを身につけることができます。

 

例えば、動画編集や動画制作、ホームページ制作、などたくさんあります。

 

最近はYouTubeなどが盛り上がってきているので、

 

動画編集はかなり需要があります。

 

まずは動画編集ソフトをダウンロードして試してみる。

 

自分に向いているか。

 

僕はAdobeのソフトをダウンロードしました。

 

学割があるので、月に2000ほどで契約できます。

 

かなりいろいろなことができるので、是非試してもらいたいです。

 

ちなみに今僕がお仕事をもらっている分野は、

 

Vyondと言うソフトを使って、アニメを作る仕事です。

 

あまり知られていませんが、かなり単価が高いです。

 

使用しているしている人があまりいないのにもかかわらず、

 

需要が高いから単価が高いのです。

 

このように情報を取得して行動に移すのが、

 

最も重要なのです。

 

今後は情報の格差が、貧困の格差にも出てくると言われています。

 

情報をたくさん知っている人が今後は強い。

 

しかし、行動しないと意味がない。

 

アフターコロナではなく、WITHコロナだ。

 

これを頭に入れて行動するべきだ。