今、人類は何に恐れて、生きているのか。

コロナウイルスが世間の話題になり始めてもう半年が経ちました。

現在、人類がウイルスに対する考え方は以前とは変化してきている。

ウイルスが流行り始めた頃の人の意識はウイルスに感染しないようにしていました。

しかし、今はどうだろうか。

あくまでもウイルスには感染しないようにしてはいるが、普通に外出はするし、旅行にもいく。

普段どおりの生活をしている。

これは、人間の考え方の変化に現れている。

コロナウイルスの日本での死亡者数は1000人くらいです。

日本では肺炎で死亡する人数は一年間で3万人を超える。

癌で死ぬ人は38万人を超える。

自殺は2万人を超える。

インフルエンザで死ぬ人は3500人くらいだ。

これらからわかることは、コロナウイルスに対する意識の問題だ。

感染拡大が始まって半年が経つが、インフルエンザの死者数の半分にも達していない。

よってウイルスは怖くないのだ。

では、何が怖いのか。

それは、人だ。

ウイルスによる人の変化だ。

コロナウイルスに感染した人の個人情報をSNSで晒したり、感染した人の家などにいたずらしたり、

いわゆる、自粛警察が無駄なことを繰り返している。

これらのことから、人間はストレスを抱える。

ストレスによって自殺が増える。

こう考えると、ウイルスよりも人が怖いことになる。

自殺大国である日本でさらに自殺が増えることになる。

ウイルスを機に日本は不景気に陥ると言われている。

ここから経済を立て直すには経済を回すことを優先することが大切になります。

僕がやってほしいことは消費税減税です。

他の国はかなり取り入れていることは多いです。

主に中国や、ドイツなどです。

この記事をご覧になっている方はどのようにお考えでしょうか。

考えてみてください。