大学生活で、成績より優先すべきこと。

友人関係

テストの範囲やつながりが深くなることで、効率的に学習が進められる。

ぼっちよりもかなり効率的。

 


教授との関係

大学の単位は教授がつける。

なので、印象が良いほど、単位取得は楽になる。

就職の時も教授推薦などがあり、気に入られれば、就職のサポートや、企業に推薦してもらうこともできる。

この構造は社会に出ても同じだ。

会社で昇進を決めるのは上司だ。

上司に気に入られれば、昇進は楽になる。

要は人間関係が鍵になるのだ。

そうしたら自ずと、成績は良くなる。

なぜなら、ぼっちより情報の量が違うからだ。

社会に出てもそうだが、世の中は情報社会だ。

情報を制するものは豊かになっていく。

その象徴が株式投資だ。

情報が自分のもとに早く入れば入るほど、売り買いが、早くできる。

大学でも同じように、テストに出るところ以外の余計なことに気を散らさずに集中できる。

提出するものは何か、期限はいつまでかなど、1人では管理できないこともある。

そんな時に友達がいると、自然と教えてくれる。

なんの手間もない。

このように、成績のために一人で勉強をするよりも、友達を作り、情報を手に入れて効率のいい勉強をすれば、大学生活は楽になる。

楽になることによって、自分の好きなことに熱中できてしまう。

まあ、人それぞれ価値観が違うので、考え方はそれぞれだが、これは大学に入る前に、一つの考えとして、覚えていただきたいですね。