僕が二十歳から投資をする理由

僕が二十歳から投資をする理由

僕は二十歳になった年の一月から投資をはじめました。

具体的に言うと

 

  1. インデックスファンドで積み立てを月1万円投資。
  2. 積み立てNISAで月33333円積み立て。
  3. 米国株を買う。

 

 

この順番でここまでやってきました。

最初から個別株でガツガツに投資をするわけでなく、ちょっとずつ投資額を大きくしてきました。

ここまではかなり順調で、含み益もかなりでています。

初めての損切りも経験しました。

その損切りしたお金で、他の株を買い、大きく成長することもできました。

 

ここでなぜ自分は投資をしているのだろうと考えました。

最初は将来の自分のために、とか、お金に困らないように、老後のために、など自分のためだけに投資をしていました。

しかし、最近はその自分の考え方が大きく変わってきました。

自分のためではなく、将来の大切な人を幸せにするために。

と言う理由に変わりました。

 

 

なぜか。

 

それは将来大切な人ができたときに、その人を幸せにするためには必ずお金は必要となってきます。

お金は自分の心に余裕を生み出してくれます。

世の中の離婚や喧嘩の大半の理由はお金にあると思います。

お金がないのに無駄使いして、それが原因で喧嘩に発展したり、会計の時にどちらがお金を出すか?など、お金がないことを理由に、トラブルは無限に起こります。

世界の状況を見てもそうです。

経済的に発展しておらず、お金がない国は、戦争が起きやすく、治安も悪い。

犯罪や事件も起こりやすい。

それと全く一緒だと思います。

 

そうならないためにも、将来の大切な人を幸せにするために、投資をしています。

もちろん、お金が全てではないのはわかっています。

 

女性が旅行に行きたい!と言えば、旅行に行こう!とすぐ行動に移せる余裕も必要ですし、この服が欲しいと言われれば、プレゼントできるような人間でありたい。

女性は幸福度が顔に出ると言われています。

ストレスばかりを抱えていると、顔は暗くなり、ブサイクになっていしまいます。

それは、男性の原因でもあります。

そうならないためにも、男性は女性を誉め続け、女性を立てなければなりません。

お金の面でも、困らせてはならないのです。