お前は奢るのか?割り勘か?どっちだ?

 

お前は奢るのか?割り勘か?どっちだ?

#この記事は美男美女以外の目線から話をしていますので、そこをご理解いただけたらと思います。

 

今回は奢る、奢られる論争について、議論してきたいと思います。

皆さんは女性とデートをするときは、食事の代金はどうしていますか?

これはいつになっても議論されることだと思います。

世の中の風潮としては男性が奢るのが当たり前だと思います。

しかし、最近は割り勘が当たり前という風潮が出てきたかと感じています。

女性の社会への進出によって、男女が対等に仕事ができる環境になってから、女性にも収入が増加してきて、この奢る奢られる論争は変化してきています。

 

そもそも男性はなぜ奢っているのかを解説します。

男性はなぜ奢るのかというと、カッコつけたいからです。

奢ることによって、女性に、「俺はお前に本気だぞ」ということを、無言で伝えているということです。

ほんとはお金なんか他人に使いたくないです。

しかし、目当ての女性と付き合うことを目標に、喜ばせるために、満足させるために、奢るのです。

たとえ、その月のお金がなくても、なんとかやりくりして、奢ります。

中には奢らない人もいるかも知れませんが、そんなのはイケメンのみです。

イケメンは奢らなくてもかっこいいのです。

ブサイクは奢る以外手段は無いのです。

なぜなら、奢っているイケメンもいるわけですから。

 

女性は奢られたいのか

そもそも、女性は男性に奢られたいのかを聞いてみた。

その結果、奢られたいとは思わないが、奢られることによって、相手に好印象を抱いた。

と言っていた。

しかし、脈なしの人に奢られたとしても、いい人で終わるらしいです。

そうです。

脈なしだったら、ただの、飯を奢ってくれるいい人で終わるわけです。

そう考えたら、付き合いたいと思っている女性がいたら、奢る一択ですよね。

まあ、自分に脈なしだった人に奢るのは辛いですけどね。

 

 

若いうちの恋愛なんて、ほとんど顔だからね

若いうちの恋愛なんて、ほとんど顔で決まってしまいます。

なぜなら、結婚を前提としないからです。

大学生の恋愛なんて、ほとんど彼氏彼女はアクセサリーに過ぎないです。

SNS2人のイチャイチャを投稿して、友達から羨ましがられ、承認欲求を満たすだけの関係です。

アクセサリーなのでイケメンと美女を求め、そのカップルはSNSでは注目を浴びることになります。

よく考えてみてください。

TikTokや、インスタグラム、YouTubeに有名なカップルで、ブサイクカップルは存在しますか?

いないですよね?

大体、美男美女カップルだったり、どちらかがイケメンか美女です。

そういうことなんですよ。

社会はこのようなカップルに憧れを抱きながらも、自分のルックスの現実をみて、相手を見極めるようにできているのです。

残酷ですよね。

 

結婚ともなれば話は別です

結婚の話になると話は別になります。

いくら、イケメンでも、美女でも、結婚は一生の付き合いになるので、性格もよく見極めなければなりません。

性格以外にも、収入や、地位、などたくさんあります。

結婚するということは、コロコロ別れて、他に乗り換えなどが難しくなってきます。

なぜなら、経歴にバツがつくからです。

世の中ではバツイチとも言われますね。

人間は時間が経つにつれて、衰えていきます。

顔はやつれ、運動能力も落ちていき、太ってくることもあります。

今付き合っている彼氏彼女はいずれおじいちゃん、おばあちゃんになるのです。

そうなった時に、容姿だけで選んでいた人は別れたいと思ってしまうかもしれません。

日本で結婚したカップルの離婚率は50%という統計も出ています。

若いうちは容姿で付き合う相手を選んでしまい、月日が流れ、その容姿が崩れていくことも1つの原因かもしれません。

若い頃は喧嘩したり、イラつくことがあっても、かっこいいから、可愛いからと我慢できていたかもしれませんが、歳をとるとそうはいきません。

お互いの価値観だったりが合わないと結婚生活はうまくいかないのです。

大体離婚の原因はお金のことだったりもするらしいですけどね。

かつて、永遠の愛を誓い合った愛する人と、裁判をしてまでお金を奪い合うことなんて、想像するとゾッとしますよね。

現実にはたくさん存在しますけどね。

 

わかって欲しいこと

皆さんにわかって欲しいことは、若いうちは容姿がほとんどですよということです。

イケメン、美女は世の中から優遇されます。

なのでブサイクは、26から30歳くらいまでは我慢です。

もちろん、恋愛はしましょう。

振られることや、理不尽なことはこの先もたくさん待ち構えています。

しかし、諦めてはいけません。

ブサイクな自分の内面や、容姿以外の面を見てくれる相手は必ずいるはずです。

容姿は変えられなくても、性格や、自分のできることなどを増やして、努力して、変えていきましょう。

例えば、男性であれば、女性はどのようなことをしたら、喜ぶのか、などの女心をデートなどで学んだり、女友達に聞いたりなど、できることはたくさんあります。

さらに、いい仕事について、収入の面でも彼女を満足させることだってできます。

容姿以外だと、なんだって変えられるのですから、ブサイクは諦めるのはまだ早いです。

女性の方だと、例えば、料理を学んで誰よりも美味しいご飯が作れる、や、スタイルを良くするために、筋トレしたり、ファッションを磨いたりなど、容姿以外で美しく見せる努力したり、彼氏を抱擁する母性を磨くことが大切だと感じる。

 

終わりに。

恋愛社会は以前にも記事にしたように、理不尽です。(イケメン、美女以外)

なので、できることは1つ。

努力です。

理不尽だからと言って、諦めたり、卑屈になって、恋愛をやめてはいけません。

まあ、彼氏彼女が欲しく無いなら、別の話ですけどね。

若いうちは我慢の連続なので、一緒に頑張りましょう。