低身長、ブサイクが付き合うのは容易じゃない!

低身長、ブサイクが付き合うのは容易じゃない

今回は3回目のデートを終えた僕が今の状況を報告します。

僕は1ヶ月前にマッチングアプリでマッチして会うことに成功しました。

そこから、メッセージやデートを重ね3回目のデートを終えました。

しかし、付き合うまでにはかなり時間が必要かもしれないことがわかりました。

その理由を話していきます。

 

自分より相手の方が立場が上

こんな状況の方はかなり難しいです。

なぜなら、相手は上の立場なわけですから、自分がかなり頑張っても報われないことがあります。

いくら、奢っても、優しくしても、エスコートしても報われるかはわかりません。

 

じゃあどうすればいいか

ここでどうすればいいかは、ひたすら耐えるです。

奢るのは当たり前、優しくするのも当たり前、エスコートするのも当たり前。

ここまでは当たり前なのです。

ここからは付加価値が必要なのです。

何が付加価値になるのでしょうか。

それはユーモアです。

自分の顔は変えられないので、面白さや、その場のフィーリング能力を養うほかないのです。

女性に好きな人のタイプを聞いたら、大抵、優しい人や面白い人などの返答が返ってきます。

優しいのは誰にでもできます。

しかし、面白い人はなかなかいません。

面白いというのは、自分を楽しい気分にさせてくれる人のことです。

この能力を身につけるにはかなりの努力が必要です。

面白い人は幼少期から大抵決まっています。

大人になってから面白くなるにはかなり時間が必要なので、経験が必要になります。

失敗に失敗を重ねることで、成長していくものなので、いきなり面白くなくていいのです。

 

3回目のデートで告白してOKされる説は幻想。

一般的に、3回目のデートで告白したらOKされると言われています。

しかし、ブサイク、低身長はそんなことは滅多にないです。

なぜなら、相手は自分を好きになるには時間がかかるからです。

いい人なのはわかっているが、好きになるまでにはビミョーみたいなパターンがあるからです。

そんな時にどうすればいいか。

ひたすらアピールするしか方法はありません。

アピールし続けることがOKされる鍵です。

相手が好きなことを伝え続ける、はぐらかされても伝え続けて、ネガティブな気持ちは捨てることです。

デートに行けているのだから、避けられてはない。

まず、嫌われていたら相手は連絡も取ってくれないし、デートもしてくれません。

そう考えると、自分は一応恋人の候補に入るが、あと一歩何かが足りないのかもしれません。

それは時間が解決してくれるのか、優しさか、面白さか。

それは相手にしかわかりません。

デートを重ねて、信頼を勝ち取り相手の女性を意識させるしか方法は見つかっていません。

その他に方法はあるとすれば、デートの振り返りをします。

デートでここが悪かったな、とか、ここがよかったな、というところを振り返り、悪かったことは繰り返さないようにして、良かったところは繰り返して、改善していくことが、かなり重要になります。

この話題の時、相手はかなり乗ってきたな!とかこの話題の時は興味なさそうでつまらなそうだったな、など、デート中にも相手の表情などに目を光らせておく必要があります。

あくまでもこちらは弱者なので、完璧なデートにできるだけ近づける必要があります。

 

話題作りはどうすればいいの?

男性が一番デートやメッセージで困るのは話題作りだと思います。

ここは男性のコミュ力が試されます。

コミュ力は経験がものを言いますので、鍛えるしかないです。

しかし努力以外にも、補えるところはかなりあります。

それは、事前に話題を考えたり、インターネットで調べておくことが大切です。

ネットで調べたりしたら、山ほど話題は出てきます。

他にも、相手の女性との会話でちょっとしたことでも深掘りしていくことも、話題の展開になります。

最初の方がかなり難しいし、沈黙があると思います。

そこをうまく乗り越えたら、いい感じに行くと思います。

 

 

終わりに、ブサイクで低身長なら、努力は怠ってはいけません。

常にその子のことを考えて、11回のデートを大切にしていきましょう。

イケメンに勝つにはどうすればいいのか、頭を最大限に活用していきましょう。